ゼロから学ぶ仮想通貨の世界①/ビットコイン(BTC)仮想通貨の仕組み

みなさん、こんばんは。
仕事中に仮想通貨の勉強し過ぎて反省中、トモヤです。

さてさてみなさん。
仮想通貨って知ってますか?

ボクは、聞いたことあるけど、果たしてそれがなんなのかと言われると・・・ってレベルでした。昨日まで。

ただ最近ですね、会話の中で仮想通貨って単語をちらほら聞くようになったんですよね。

といってもそれは投資の話とかではなくて、
仮想通貨流行ってきてるねー。
仮想通貨ってそもそもなに?笑
みたいなものですが。

そこでふと思ったわけです。

勉強しよう!笑

気になったことはすぐに調べる。
これは人生の基本です!

ということで、
今日1日でボクが理解した仮想通貨のお話をしていきたいと思います。

ボク自身がゼロ知識だったので、
初心者目線で分かりやすく書けると思います。

ただし専門性は低いので、あしからず…。

仮想通貨?ビットコイン?なにそれ?

そもそも仮想通貨ってなに?ってところからです。

そう、それは一言で言うと

インターネット上で管理、取引される世界共通の通貨

ふむ。

ボクたちが普段利用している通貨(円)は原則、
国内でのみ使われるものですよね。かつ紙幣や硬貨といった形で取引されます。

そして、例えばそれをアメリカで使おうする時、
普通は円をドルに交換してから使いますね。

対して仮想通貨は、
国境も無ければ実体も無く、
わざわざ別の通貨に交換する作業も不要になります!

例えば世界共通の言語があったとして、
それが使えればボクたちは世界中の人々と自由に会話ができるようになる、そんなイメージ。
かなり便利そうですよね?笑

通貨概念、技術のイノベーションと言って過言ではないと断言できます。

1.仮想通貨はどこから生まれる?本当に通貨価値はあるの?

ではその仮想通貨はどうやって生産され、価値を伴うことができるのかですね。

そもそもみなさん、お金の価値って誰が決めてると思います?

んー単純に言うなら国ですよね。

円に価値があるのは、日本が国家機関である日本銀行を通して、
円というブランドで紙幣と硬貨を発行し、それを価値があると認定しているからというだけの理由です。

ですから極端な話、
日本が円はゴミですと認定すれば価値はゼロになりますし、

単純な計算では
日銀に今の円の発行量を倍にさせれば、円の価値は半分になり、
500mmペットボトルの飲み物は300円になります。

通貨の価値なんてそんなもので決まるのです。

戦後のドイツの話は有名ですよね。
ハイパーインフレ、つまり貨幣の価値が急落し、紙幣がゴミになった社会現象。

参照:街中に捨てられた紙幣

では、肝心の仮想通貨はどうなのか。

仮想通貨において、最大のブランドはビットコインと呼ばれる通貨です。
聞いたことある人も多いかと思います。
他にも沢山あるのですが、まずはこれだけ知ってれば十分!

さあ、ではそのビットコインに通貨はどうやって生産され、
そして価値はあるのかについてですが。

まず、仮想通貨ビットコインの考案者は、サトシ・ナカモトです。

え?誰?笑

・・・これについては諸説あるので割愛させてください。笑

仮想通貨の価値がついたのは、元々はその概念に賛同したものたちが、
自分たちで発行して持ち寄り始めたのがきっかけです。

それが徐々に需要が拡大して、
いまの価値が見出されるようになったのです。

例え国が認めなくても、認める人が沢山いれば、
通貨としての機能は成立するということですね。

余談ですが、先日ニュースで
愛知県の介護施設が施設内で独自の通貨をつくり、
それをつかったサービスを展開しているって話がありましたね。

賛否両論ありますが、
ボクは面白いなあと思って理解していました。

2.実は仮想通貨は法律で認められている?/仮想通貨法

実は法律で仮想通貨に関する規定が出来上がっています。

今回施行されたのは、
情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律(平成28年法律第62号)」という法律です。

簡単に言うと、
この法律によって国が正式に、
・仮想通貨とは何か
・仮想通貨の売買における取り決め
を規定したということです。

価値を認めたとは、違いますよ。

あくまで概念と取り扱い方を定めたということです。

3.まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は本当に仮想通貨ってなに?ってところだけを抑えて記事を書きました。

要は仮想通貨は、
世界共通で使える新しい通貨で
認める人が多くなったから実際に通貨としての価値もありますし、
国も存在を認めてますよ
ってことです!笑

また次回続きを書きます!

ゼロから学ぶ仮想通貨の世界②/ビットコイン(BTC)が使える場所、管理の方法

2018.01.27

〜〜こちらも是非よろしくお願いします〜〜

・明日の会話のネタになるブログ
会話のネタ種!

・小さな大砲インスタグラム