『歯のクリーニング』行わないリスクとは?定期健診のメリットを徹底解説!

こんにちは!
歯を一生大切にしたい。コウノスケです!

今回は、僕がかれこれ5年間続けていて、非常に良いと感じている習慣を紹介したいと思います!

それは、“年に2回 歯医者で『歯のクリーニング』をしてもらうこと”です!

ホワイトニングではなく、『歯のクリーニング』です!
年に2回、半年に1回のペースで、定期的に歯医者で『歯のクリーニング』をしてもらっています。

これの何が良い習慣なのか?
そもそも『歯のクリーニング』とはなにか?
料金はいくらくらいなのか?など
今回は、歯医者で『歯のクリーニング』を行うメリットを掘り下げて紹介していきたいと思います!

いつまでも白くて健康な歯を保ち続けたい人、必見です!!!
それでは、いってみましょう!

【本記事のターゲット】
・いつまでも白くて健康な歯を保ち続けたい人
・歯の汚れや、着色、歯が茶色くなってしまうことにお悩みの方
・虫歯・歯周病を予防したい人
・歯医者での『歯のクリーニング』に興味がある人

0.本記事の結論:歯医者で『歯のクリーニング』を行うメリット3選!

まず、本記事の結論から申し上げますと
定期的に、歯医者で『歯のクリーニング』を行うメリットは以下の3つになります!

歯医者で『歯のクリーニング』を行うメリット3選!
  1. 簡単に歯が白く、綺麗になる!
    →これが一番のメリット!安価で時間もかからず歯が白く、綺麗になります!コスパ最強です。
  2. 虫歯・歯周病の予防になる!
    一度なると元には戻せない「虫歯」や「歯周病」。『歯の掃除』により、自分では綺麗にできない、プラークや歯石、着色を落としてもらうことで予防に繋がります。
  3. 自分では気づけない「異常」にいち早く気付ける!
    →歯は毎日磨いているようで実は、磨き残しや自分では気付けない「異常」が多くあります。手遅れになる前に発見してもらえるのも定期的に『歯の掃除』を行ってもらう大きなメリットです。

・『歯のクリーニング』とはなにをするの?

一般的な『歯のクリーニング』の流れは、以下になります。

『歯のクリーニング』の流れ
①診察
→虫歯や歯周病など、歯の健康を害する予兆がないか、1本1本丁寧に診てくれます。

②歯石の除去(スケーリング)
→専用の機械を用いて、普段の歯磨きでは取れない、歯の表面に硬くこびりついた「歯石」を除去します。

③着色の除去
→専用の機械を用いて、微粒子の粉末を空気と水と一緒に歯の表面に吹き付けることで、ステインを除去します。
これにより、ほとんどの着色が落ち、茶色くなってしまった歯も白く生まれ変わります!

④ブラッシング
普段の歯磨きでは、落としきれなかったプラーク(歯垢)を除去します。
歯の裏側や歯と歯の間などに残る磨き残しを、電動歯ブラシを使ってきれいにしていきます。

⑤フロス
最後に仕上げとして、歯間ブラシを用いて、歯と歯の間に残ったプラーク(歯垢)を除去します。

もちろん歯を抜いたり削ったりするわけでも、歯茎を切ったりするわけでもないので、痛みはゼロ!
時間も15分〜20分ほどで終わります!
値段は、僕が通っている歯医者さんでは、一回3,000円程度です!

年に6,000円で、一生白くて綺麗な歯を保つことができる
虫歯や歯周病になってしまった時の治療費を考えると安すぎます!

それでは、歯医者で『歯のクリーニング』を行う3つのメリットについて、詳細を説明していきます。

1.メリット①「簡単に歯が白く、綺麗になる」

歯医者で『歯のクリーニング』を行う最大のメリットが
「簡単(安価で短時間)に歯が白く、綺麗になる」ということです!

タバコを吸ってるわけでもないのに、歯が茶色くなってしまう…という悩みを抱えている方多いのではないでしょうか?
僕も、タバコを吸っておらず、歯も毎日磨いているのですが、茶色い着色汚れが付いてしまっていました。

担当の歯科医師さん聞いたところ、歯が茶色くなってしまう原因は
歯の”細かい傷”についた汚れが、普段の歯磨きでは取れず、茶色く変色してしまうとのことでした。

歯医者での『歯のクリーニング』は、普段の歯磨きではできない
歯石の除去(スケーリング)や着色の除去を専用の機械を用いて、行ってくれます。
1回3,000円程度、15分〜20分ほどの時間があれば、歯石や着色をしっかりと落としてくれるため
普段の歯磨きだけでは味わえなかった、歯のツルツル感や爽快感を味わうことができ、本来の歯の色を取り戻すことができます!

また、このように定期的に歯石や着色を除去するということは、虫歯・歯周病の予防や改善にも重要な役割があります!

2.メリット②「虫歯・歯周病の予防になる」

とても身近に潜む歯のリスクである、「虫歯」や「歯周病」
特に、歯周病のリスクについて、考えたことがある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?
歯周病は、歯を失う最大の原因であり、歯科疾患実態調査によると、15歳以上の約76.8%(8,500万人以上)約3人に2人が歯周病にかかっていることが分かっています。

歯周病は、歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌により、歯茎に炎症が起き、周りの組織が破壊されていく細菌感染症です。
歯周病の症状には段階があり、まず「歯茎が腫れる」「歯磨きをすると血が出る」といった〝歯肉炎〟と呼ばれる初期の状態になります。
より悪化していくと「噛むと痛い」「歯茎が下がる」といった症状が顕著に現れ始める〝歯周炎〟の状態になり、治療費には数万円かかります。
それでも放置してしまい、末期となってしまった場合は手術も必要となるため、治療費は計り知れません。

年齢がいくつになっても、健康な歯をずっと保ち続けていたいですよね。
歯周病は、生活習慣病の1つであると言われています。
歯を失う最大の原因をしっかりと予防し、「歯周病」や「虫歯」の治療費という余計な出費を払わないためにも
半年に1回は、歯医者で『歯のクリーニング』を定期的にしてもらうことをおすすめします!

3.メリット③「自分では気づけない「異常」にいち早く気付ける」

歯は、毎日磨いている人がほとんどだと思います。
しかし、毎日磨いているようで、歯の「異常」にはなかなか気付けず
気付いた時には、虫歯など治療が必要な状態になってしまっているということを経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

歯は磨けているようで、実は多くの磨き残しがあります。
歯医者で『歯のクリーニング』を定期的にしてもらうことで、下記のような「異常」にいち早く気付けるメリットがあります!

『歯のクリーニング』で気付ける歯の「異常」
・歯石

・着色

・プラーク(歯垢)や磨き残し

・歯周病

・虫歯

・歯の形・数・色・歯肉の色の異常

・舌の異常

・噛み合わせの異常

・親知らず

どれも、気付かないまま放っておくと、初期の状態よりも明らかに治療が難しくなり、治療費も高額になります。

歯の健康は、「異常」にいち早く気付けるかどうかにかかっていると感じます!
僕自身、歯医者さんで『歯のクリーニング』を半年に1回してもらうようになってから、歯の「異常」に関する悩みは一切無くなりました!

4.そもそも、なぜ歯を大事にすべきなの?

そもそも、なぜ歯を大事にすべきなのか。
その答えは、“シニア世代の健康に関する後悔” 第1位が「歯を大切にすればよかった」だからです!

意外だと驚かれた方も多いのではないでしょうか?
多くのシニアの方が「歯の定期検診を受ければ良かった」と
晩年になり、歯を失うようになってから、歯の大切さを切実に感じて後悔をしています。それほど、歯の健康は重要事項なのです!

歯の健康が失われることが後悔へと繋がる、主な理由は下記の2点です。

歯の健康が失われることが後悔へと繋がる理由

・歯を失うことは、人生を豊かにする「食事」を苦痛なものに変えてしまう
→「食べることは生きること」です。「食事」をおいしく食べることは心と体の健康を保ち、人生を豊かなものにするためしてくれます。
しかし、歯を失ってしまっては「食事」にも苦労し、苦痛なものへと変えてしまいます。

・歯を多く失うということは、認知機能ならびに心身機能を低下させる大きなリスクになる
→2014年のイギリスのユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで、疫学・公衆衛生学を専門とするジョージオス・ツァコス博士が行った研究では
自分の歯がない人は、歯のある人よりも記憶力テストと歩行速度テストの両方で約10%悪いパフォーマンスを示すという結果が出ています。

自分の歯を健康に守ることは、全身の健康を守ることに繋がり、後に後悔をしない人生にするための大切な要素です。
従って、普段からブラッシングやフロスなどのセルフケアによる歯の健康維持と同時に、「定期的な歯科検診」を行う必要があります。

どうしても歯医者に行くのが難しい方に向けて、おすすめの歯磨き粉「デンティス」を紹介します。
長時間の口臭予防をサポートする9種類の植物エキスが配合された歯磨き粉になっており
磨いた後と朝のスッキリ感が、他の歯磨き粉と比べて圧倒的に違います!
是非、試してみてください。

5.『歯のクリーニング』に通うようになったきっかけは?

僕がなぜ、『歯のクリーニング』をしてもらうために定期的に歯医者さんへと通うようになったのか。

きっかけは、歯科医師さんとの雑談でした。

以前、歯の治療で歯医者さんに行った際に
担当の歯科医師さんとの雑談で、歯の着色、特に前歯が茶色くなってしまっていることが悩みであることをお話ししました。

その際
「ホワイトニングをしなくても
歯医者さんで『歯のクリーニング』をするだけで、ほとんど汚れや着色が取れて、茶色から白色になりますよ」と教えてもらいました。

僕は、歯の茶色い着色は「ホワイトニング」をしないと白くはならないと思い込んでいたので
「毎日、朝晩の2回歯磨きをしてるのに着色汚れが落ちないんだから、歯医者で『歯のクリーニング』をしたところで変わらないだろう、、、」
と半信半疑でしたが、一度試しに『歯のクリーニング』をしてもらうことにしました。

結果は驚き!!
ただ『歯のクリーニング』を歯医者さんにしてもらうだけで、本当に歯が白くなっているんです!
こんなに簡単に、白い歯に生まれ変わるものなのかと感動したのを今でも覚えてます!

6.まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下の3点についてご紹介させていただきました。

本記事のまとめ
1.歯医者で『歯のクリーニング』を半年に1回、行うメリットは3点!
→「簡単に歯が白く、綺麗になる」「虫歯・歯周病の予防になる」「自分では気づけない異常にいち早く気付ける」

2.『歯のクリーニング』の流れとは
→「①診察」「②歯石の除去(スケーリング)」「③着色の除去」「④ブラッシング」「⑤フロス」

3.”シニア世代の健康に関する後悔” 第1位が「歯を大切にすればよかった」
→『歯のクリーニング』を半年に1回行うだけで、1回3,000円程度、15分〜20分ほどで、痛みゼロで白い歯を取り戻せるだけでなく、歯の健康も保ち続けることができる!

僕が通っている歯医者さんでも、『歯のクリーニング』1回につき、3,000円程度で可能です!
年間6,000円ほどで、痛みもなく一生白くて綺麗な歯を保つことができ、歯周病や虫歯等も予防できる
歯周病や虫歯になってしまった時の治療費を考えたら、圧倒的に安すぎます!

多くのシニア世代の方が「歯を大切にすればよかった」と後悔しているのですから
少しでも早く、歯医者での『歯のクリーニング』を習慣にすべきです。
定期健診として、半年に1回は通わないとリスクであると感じます!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

〜〜こちらも是非よろしくお願いします〜〜

・小さな大砲インスタグラム