大名庭園 六義園のしだれ桜ライトアップ/見頃・グルメ・混雑情報【デートプラン】

みなさん、こんばんは。
iPhone Xが見事に不能化しておりましたが復活しました、トモヤです。

今回、久しぶりの更新では都内文京区駒込駅から徒歩7分!
名庭園六義園のしだれ桜ライトアップに関する記事です。

メディアでもこの時期よく取り上げられていて、気になり実際に行ってみたのですが、
期待値を上回る素晴らしい景観でした。

桜の見頃、グルメ情報から、
気になる混雑の情報までお知らせいたします!

それでは、いってみましょう!

1.夜の六義園/しだれ桜のライトアップ

六義園と言えば、毎年この春の桜の時期ライトアップイベントが行われることで有名な大名庭園の1つです。

春の桜の時期以外にも、秋には紅葉のライトアップがありますが・・・

圧巻のしだれ桜

凄過ぎてもう、言葉にならないです。

妖艶な薄紅色のしだれ桜は、それはもう見事にまるで滝の様。

ボクは初めて観に来ましたけど、リピート確定です。笑

ちなみに、夜の六義園ですが、しだれ桜だけではありません。

流石、大名庭園と言われるだけあって、雰囲気があります。

散歩道に並ぶ灯りも桜柄

しだれ桜自体も1本だけではなく、着色されたライトアップをされるものもあります。

良い流れの時間を感じることができますね。

2.六義園/イベント期間中のお勧めグルメ

イベント期間中にあるグルメ情報です!

夜のライトアップの時間に合わせて入園すると夕食の時間と被ってしまいますからね。

基本的に六義園ではお茶菓子や軽食のみしか販売していません。

お酒はビールから日本酒、梅酒なども揃っています。

販売場所はしだれ桜付近にある
さくら茶屋とその先にある
休憩所兼売店の二箇所です。

後は御抹茶などを嗜むお茶屋さんがありますね。

そんな中、ボクが食べたのは以下のものです!

グルメ/さくら茶屋

花見と言ったらお団子ですね!

くるみ味噌と醤油の味のものを注文しました!
雰囲気と相まって、甘みがあって美味しかったです。

おでんとチマキ、梅酒の甘酒割です。
バックにしだれ桜。

梅酒の甘酒割、初めて飲みましたが、まあまあイケます。笑

グルメ/休憩所兼売店

お土産や軽食が食べられるお店です。

しだれ桜は見られませんが、文字通り少し一休みしながら軽食を食べるには良い場所ですね。
混雑もほどほどです。

みそおでんお茶付き
お茶付きなのが嬉しいですね。

甘あまセット(甘酒と桜まんじゅう)
温まります、甘いです、休まります。

桜茶
昆布茶のような、美味しいです。

他にも軽食としてはうどん等もありましたよ!

ただし、大人の男性ですと、やや物足りないかもしれませんね!

なので、お腹が満たされなかった場合は帰りにラーメンでも食べてから帰りましょう!

3.六義園/イベント期間中の混雑情報

混雑情報ですが、ずばり土日のライトアップの時間帯18時から19時頃は入園までに並びます!

だいたい30分くらいでしょうか。

すいすい進むので見た目のインパクト程ではありませんが、最後尾まできて諦める組も何組かいましたね。

よりスマートな入園を望むなら、前もってチケットだけ買っておくのがいいでしょう。

先ほど紹介したさくら茶屋、お団子屋さん付近も並びます。

人の多さに敏感な方は平日夜の来園をお勧めいたします。

4.六義園/ライトアップイベント基本情報

    六義園しだれ桜ライトアップ/イベント情報

所在地:東京都文京区本駒込六丁目

開催期間:2018年3月21日(水・祝)〜4月5日(木)

開催時間:9:00〜21:00(最終入園20:30)

飲食・物販品販売時間:9:00〜20:00

ライトアップ:日没〜21:00

入館・入場料:一般:300円
65歳以上:150円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

無料駐車場:無し

アクセス:
【電車】駒込駅南口から徒歩7分程度

問い合わせ先:六義園サービスセンター:03-3941-2222

公式HP:公園へ行こう!六義園

5.まとめ

みなさん、春に桜の名所、六義園しだれ桜のライトアップいかがでしょうか。

日本文化が詰まった庭園の中、しだれ桜を見て春を満喫しましょう。

また、六義園はこの期間以外でも普通の桜を楽しむことができます。
庭園を楽しむことを目的とするのなら、いつどのタイミングに行っても素晴らしい情緒を堪能することができるでしょう。

ボクはまた、秋の紅葉の季節に訪問したいと思います。

それでは、ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました!