まるで芸術作品な「生プリン」は一見すべき絶品!『しょうゆきゃふぇ』横浜【デートプラン】

みなさん、こんばんは。
秋の夜長、レモンサワー2杯飲んだくらいで仮眠をとってましたトモヤです。

さて、今回は横浜のカフェ『しょうゆきゃふぇ』さんにある、
テレビやSNSで話題の「生プリン」についてご紹介いたします!

横浜観光やデートで行く場所にお悩みの方、
ここ良いですよ。

見た目から味まで話題性抜群の「生プリン」で人生楽しみましょう!

1.エリスマン邸内にある『しょうゆきゃふぇ』

『しょうゆきゃふぇ』は、エリスマン邸という西洋館の中の、
喫茶スペースにあるカフェです。

横浜らしい、雰囲気ある佇まいです。

1-1.エリスマン邸とは?

エリスマン邸とはどのような邸宅なのか、以下公式HP引用です。

エリスマン邸は、
生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格として活躍した、
スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。
大正14(1925)年から15(1926)年にかけて、
山手町127番地に建てられました。
設計は、「近代建築の父」といわれるチェコ人の建築家アントニン・レーモンドです。

参照:エリスマン邸公式HP

建築家であるアントニン・レーモン氏は、
日本の建築界にも大きな影響を与えた人物のようです。

1-2.エリスマン邸内の雰囲気

木々に囲まれたリビング・・・

薪ストーブと木製ピアノ・・・

これ、現役で使えます。

2.「生プリン」素材のこだわり

プリンに使用する卵は、
シェフが探し求めた最高品質の「卵」の味わいと風味を秘めた「恵壽卵(けいじゅらん)」です!

神奈川県のコトブキ園で生産される卵で、
こちら『女性のための卵』と呼ばれています。

2-1.『女性のための卵』とは?

『女性のための卵』とは何のことなのでしょうか。

その根拠としては、
日本の現代女性に不足しがちな、
葉酸ビタミンAが含まれていることがあるそうです。

その効能はと言うと、

葉酸には、赤血球の形成と共に胎児の正常な発育を助ける働きがあり、

ビタミンAには、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

2-2.生プリン完成まで

さて、実は「生プリン」は食べる人間の手によって完成されるものなのです。

これが醍醐味とも言えます。

景色の良過ぎる店内で・・・

生プリンを注文するとこんなセットが・・・

コッコちゃん。笑

コッコちゃんから産ませます。

ぽとん。

カラメルソースをかけて出来上がり。

普通なら生の卵黄が気になるところですが、
かなり新鮮なものを使っているのか、
全く匂いなどは気にならなく、
卵感濃厚なプリンの味を楽しむことができます。

卵黄と合わさり、
究極にまで滑らかな食感に仕上がった「生プリン」は一度は体験するべき味わいです。

2-3.ランチ/軽食もとれます

お店では、普通のカフェメニューでお腹を満たすことも出来ます。

こちらはキッシュですが、
甘めのパイ生地とクリームソースとキノコの風味が口の中で広がってくる、
店内の雰囲気と合わさって幸せな味わいでした。

2-4.しょうゆきゃふぇ/営業情報

    しょうゆきゃふぇ/営業情報

所在地:神奈川県横浜市中区元町1-77-4

アクセス:
元町・中華街駅A5番出口より徒歩約7分
石川町駅より徒歩約10分

営業時間:
10:00〜16:30(L.O.16:00)
季節により変更あり、HPにて要確認

定休日:第2水曜日(祝日は営業、翌日代休)

電話番号:045-621-4890

予約可否:予約不可

クレジットカード可否:不可/現金のみ

駐車場:

喫煙・禁煙:完全禁煙

食べログURL:しょうゆきゃふぇ

公式HP:しょうゆきゃふぇHP

3.まとめ

みなさん、いかがでしたでしょうか?

今度、横浜に遊びに行く際は、

ただ美味しいだけ、
お洒落なだけなお店とはひと味もふた味も違う『しょうゆきゃふぇ』で、
素敵なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

楽しめること間違いなしです!

〜〜こちらも是非よろしくお願いします〜〜

・明日の会話のネタになるブログ
会話のネタ種!

・小さな大砲インスタグラム