簡単レシピ!〜春の訪れ〜菜の花のボンゴレビアンコ作り方【Cannoncini流 男の料理】

みなさん、こんばんは。
日中はすでに、なんとなく暖かさを感じています、トモヤです。

今回は料理の記事を書いてみました。

ボクは前回の記事を書いてくれたコウノスケと共同生活をしております。

当然ご飯は自炊もすることになるのですが、
せっかくなので、男の料理ということで簡単なレシピを紹介していきます。

今日はスーパーを歩いていたら菜の花が並んでたので・・・

〜春の訪れ〜菜の花のボンゴレビアンコ

を作りました!

料理のレベルは平均なので、かなりざっくりですが、
参考までに読んでいただけたらと思います。

1.材料

    材料(1人分ざっくり)

スパゲッティ乾麺:100〜130グラム

アサリ:150グラム

菜の花:4束

キャベツ:ザク切りしたもの一掴み

ニンニク:一片

白ワインor日本酒:適量

オリーブオイル適量

塩胡椒適量

2.簡単レシピ

2-1.20分で終わる/あさりの砂抜き

まずやっておく作業が、あさりの砂抜きですね!

砂抜きに使う水ですが、45°〜50°くらいのお湯を使いましょう!

平らなトレーなどにアサリを並べて、
お湯をかけましょう!

少しアサリが顔を出せるくらいの水位をイメージしてください。

これで、普通なら3時間くらいかかりそうな砂抜きの作業が20分程度で終わります。

どうやら温かい温度にあさりが驚いて、砂を吐き出しやすくなるとかなんとか。

詳しくは下記を参照↓

早業/あさりの砂抜き

2-2.菜の花を茹でる

次は菜の花を茹でます。

茎の底の部分を5mmから1cmくらい切って、
食べやすいように、ツボミ部分と茎の部分を切り分けます。

を適量振った沸騰したお湯に、
から茹でます。
その後にツボミ部分。

太さによってですが、だいたい茎を茹で始めてから1分前後で取り出します。

すぐに冷水で冷まして、水気をとり、
置いておきます。

詳しくは下記を参照↓

菜の花の茹で方

2-3.スパゲッティを短めに茹でる

スパゲッティを茹でます。

を適量振った沸騰したお湯に、
乾麺の袋に書いてある時間マイナス3分くらい茹でます。

あとで、麺をソースに絡めるのでその分の短縮ですね!

2-4.あさりを蒸す

スパゲッティを茹でる工程と並行しながら、
あさりを蒸します。

フライパンで叩いたニンニクが茶色くなるまでオリーブオイルでじわじわ炒め、
香りを移します。

ニンニクは切らずに、ビンなどで叩いた、
潰した状態で炒めると香りがより強く移りますよ!

良い感じになったらあさりを投入して日本酒か白ワインを入れます。
あさりが軽く浸るくらいがいいですね。

そしてすぐに、蓋を閉め蒸します。

2-5.菜の花とキャベツを炒める

あさりが開き、お酒が白く濁ってきたら、
菜の花とキャベツを投入します。

ここで、塩胡椒で味を整えます。

この辺り手際よくやると、野菜の食感を損なわずに完成を迎えることができますよ!

2-6.スパゲッティを投入する

最後にスパゲッティを投入します。
ここはさっと絡めるくらいで良いです。

味を最終確認して、薄ければ塩胡椒をしましょう。

濃かったらスパゲッティの茹で汁を足せば大丈夫です!

3.完成

後は、スパゲッティを最初にお皿に盛って、
あさりと野菜を盛りつければ完成です!

4.まとめ

〜春の訪れ〜菜の花のボンゴレビアンコ

興味を持っていただいた方、
是非とも、料理メニューの参考にしていただけたらと思います。

まだまだ寒い冬、食事くらいは春の気配を感じさせていきたいとう方

お勧めですよ〜。

〜〜こちらも是非よろしくお願いします〜〜

・明日の会話のネタになるブログ
会話のネタ種!

・小さな大砲インスタグラム